中高年のお茶飲み友達から恋愛に発展させる方法!

パスタを食べる女性


中高年同士がお茶飲み友達になるのは、そう難しいことではなく、最近はそうした出会いを提供するサイトもネット上には沢山あります。

お互いの時間が空いた時、一緒に喫茶店でコーヒーやケーキを食べたり、カフェ巡りをしたりする関係は気楽でいいですよね。

ただ良き友達として一緒にいる時間を共有できるのは良いのですが、やはり異性友達ともなると、お互いの距離を縮めて恋愛へと駒を進めたいものです。



週末の過ごし方を探る


中高年同士がお茶飲み友達から恋愛へと発展させるには、まず相手の週末の過ごし方を探る方法がおすすめです。

単なるお茶飲み友達から恋愛へと発展させていくためには、相手と友達以上の関係になる必要があります。

そうなると2人で単にカフェでお茶をするだけでなく、完全なデートをしてお互いにしか知らない世界を共有することが大事です

褒められたり肯定されると嬉しい


人は得意なことや好きなことを褒められたり肯定されると嬉しいので、それをうまく利用すれば意外と最初のデートまでは持っていくことができますよ。

そのため、相手が大好きなことや得意なことや趣味にしていることが何かを本人と会話しながらさりげなく聞くと良いでしょう

たとえば、相手がゴルフをやっているなら、私も興味があるので今度一緒に打ちっぱなしに連れて行ってほしいと言って、好きで興味あるから便乗させてというお願いをするのです。

この方法なら、相手が車を持っていればドライブデートにもなり、相手にデートの誘いだと思わせることなく、ぐっと2人の距離を縮めることができますよ。

過去の恋愛話で盛り上がる


デートまでこぎつけることができたら、後は会話で相手との距離を縮めることですね。

相手が単なる友達から少し特別な感情を生み出させるようにするのがコツなので、過去の恋愛話で盛り上がるのもいいと思います。

彼氏や彼女がいない相手だと感じていても、彼や彼女がいるのを前提でいろいろ聞くと、相手も優越感などが沸き嬉しく思うので、色々と過去の恋愛に関する話を聞くことができます。

会話の中で彼氏、彼女がいないということを伝えれば、相手がもし良いなと思ってくれた時にチャンスがあることを伝えることが可能です。

過去の恋愛遍歴などお互いのプライベートをさらけ出し、普段の関係性を崩すことでお茶飲み友達から恋愛へと発展させていきましょう。

TOPへ